« 大空を飛ぶ凧 | Main | 間もなく誕生日 »

January 17, 2005

古き昔...花の命は短くて悲しきことのみ多かりき

DSC_0773-A私は、中学時代から超苦難の時代が始まりました。クリスチャンになる前のことです。悪戦苦闘13年かかって乗り越え、恵まれた生活を28年間送って来ました。
ところが、定年退職後、病気が待ち構えていました。理由が分からないひどい頭痛の連続で、治るまでに、また13年かかりました。58歳から70歳までです。このときの苦しみはたとえようがありません。
神様は、厳しいことをなさいます。70歳になった時に、頭痛は治りました。
定年後の、13年間は取り戻せません。写真やボランティアは、やって来ましたが、病気と戦いながらでした。
しかし、今は、やっと、落ちついております。

振り返ってみますと、クリスチャンであったから、全てを乗り越えられたのだと思っています。

仕事は一生懸命にやりました。少しは高い職位まで行きましたが、退職すれば、一市民、ボランティアで頑張っています。こんなプロフィールです。

今後とも宜しくお願い致します。
写真は、雪で折れ曲がった水仙です。

写真は、この前の雪で折れ曲がった水仙の花です。

高尾では、霜の花、我が家では、霜柱、札幌では、雪祭ですか。

|

« 大空を飛ぶ凧 | Main | 間もなく誕生日 »

Comments

良く頑張って来られましたね。
今の平安で何よりです。(*^。^*)ニコツ♪

このお幸せが続きますように!

Posted by: okei | January 18, 2005 at 12:44 PM

有り難うございます。
このように、抽象的に書くと、奇麗事に聞こえますが、若いときの苦難は、苦労とは感じませんでした。前向きで、ひたすら、頑張りました。大学には行けませんでしたが、国家公務員になって、努力して、大学卒以上のことをして来ました。これは、喜びでした。

病気は、自分の努力では、どうするこちも出来ず、悲惨でした。
アメリカの新薬を、たまたま特殊のルートで手に入れ、その薬を1か月服用したら、嘘のように全快いたしました。その薬は、まだ、日本では、販売されておりません。
臨床試験が、終わらないのだそうです。
13年=1か月でした。
早く知っていれば、13年間も無駄にせずに済んだものをと思っています。
無意味に過ごした13年は取り戻せませんから、あと僅かではありますが、一瞬一瞬を、大切に生きて行きます。

okeiさんにも親しくしていただいて、ありがたく思っています。
これからも宜しくお願い致します。

Posted by: | January 18, 2005 at 06:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54811/2606176

Listed below are links to weblogs that reference 古き昔...花の命は短くて悲しきことのみ多かりき:

« 大空を飛ぶ凧 | Main | 間もなく誕生日 »